人気ブログランキング |

家族旅行記 その3

日曜日
朝はゆっくりと休んで、ブッフェでの朝食
私たち家族はブッフェが大好き〜
主人は『夕べ、明日の朝ご飯は、和にしようか、洋にしようか、考えてたらねてしもた」とのこと
私はどっちもこだわらずにいただく
パンにお味噌汁というときもある
スープは動物性のものが入っているので飲まないが
ご飯をいただいて、その後パンをいただいて
最後に、おかゆをいただいて、友人に笑われたこともある私。
ブッフェは大好きです
食べたいと思うもの、全てをいただいてしまいます〜

f0017897_1756129.jpgでもその後は運動運動
。。ということで 歩いて5分の距離ですが(運動と言わない、と主人に言われてしまいそう〜)
平和記念館に娘と行ってきました。
この日の広島はほんとうに暑かったです。
娘と手をつないで、見に行きました。

私はこの旅行が決まった時
広島ってすごいなと思いました
広島がとても好きだと思いました。
それは、とても大変な体験をされながらも、がんばって復興されてきたこと。。
ほんとうに頭がさがります。
それがどんなに大変なことなのか。。
よくお気持ちがわかるから。。
負けずに頑張ってこられたこと。。ほんとうに素晴らしいと思い
また私もどんなことがあっても負けずに頑張らせていただこう〜と思いました。
スピッツの『群青』の歌詞を思いだしました。
     ♪波は押し寄せる
      終わることもなく
      でも 逃げたりしないと 笑える♪

なぜ原爆が広島に落とされたのか
それが決められた過程をはじめて知りました。
様々な理由があったそうですが
私の一番印象に残った理由は
原爆の実験のための費用があまりにもかさみ
それを国民に納得させるための何かが必要だったということ、でした。
ふ〜ん、そうだったのか。。と、読ませていただいて思いました。

その日は広島でこの夏の最高気温を記録したとのこと。。
暑さに弱いはずの私
なのに、本当に元気いっぱい〜でした。
広島の方達。。広島という土地の元気を
いっぱいいただいてきたのかな?

午後は、友達と広島の町を歩きました。
久しぶりの再会。
なのに、昨日もあったかのような彼女との間の空気は
本当に心地いいのでした。
子供達と主人達は市民プールへ、、
最初は娘も、ママ達と行く〜と行っていたのですが
午前中の平和記念館の暑さに参ってしまった様で
プールへ急遽変更。

おいしい〜かき氷のお店に連れて行ってもらったのだ



f0017897_188275.jpg残念ながら、かき氷は食べてしまってから、また写真を撮るのを忘れたことに気づいた。
なのでメニューの写真を拝借〜
ここのかき氷は、氷とシロップをボウルの中で
泡立て器でかき混ぜて、そこに様々なトッピングをのせるもの。
どうやらそれが広島風らしい。
なめらかでとってもおいしかった〜。
お昼がまだだった私は、このお店でひやむぎもいただき〜♪

その後、お好み村を案内してもらったり(食べなかったよ)
大阪や浜松にもあるおいしいパン屋さんの「アンデルセン」の本店に行ったり(やっぱりなにも食べなかったよ)
子供のこと、お仕事のこと
おしゃべりしながら歩いた。

長いおつきあいのなかで
お互いにいろんなことがあった。
彼女にとって一番悲しかった出来事の起こった日には
私にメールをくれる
そっとそっと「Mちゃんが幸せになりますように。。。」とその日の前後にはいつも思う
そして、また、「私がしあわせになりますように。。」とも、一緒に。。思う。
そんなことを思いながら
彼女の笑顔をみながら、楽しいひと時を過ごした

夜は、広島の海が一望できる素敵なレストランに連れてっていただいた。

f0017897_1815517.jpgほんとうにすてき
着いたときにはまだ明るかったので
景色をいっぱい堪能させていただいた。
子供達は、サンダルで「あ〜した天気になあれ〜」をずっとやっていた。
友達の娘ちゃんは、小学校2年生。
天使のような、天真爛漫な 本当に可愛い女の子
一時も黙っているときがない
ず〜〜っとしゃべっている。
本当にかわいくて、赤ちゃんの時以来だけれど
おもわず、抱きしめてしまった。
お父さん、お母さんに いっぱい愛されているのだろうな〜ということが
彼女をみているととてもよく伝わってくる。。
愛されオーラいっぱいの女の子だった。
by aroma_ange | 2008-07-22 17:26 | 癒しの旅

アロマセラピー&クリスタルヒーリングのサロンです。日々の事を綴ります。


by aroma_ange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31