人気ブログランキング |

じわじわと。。。

昨日から実家の母が来ています。
来週の火曜日に同窓会があるので、主人の所で歯のクリーニングをして,美容院に行って。。と予定を組んで、はるばる長野から来ました。
私は実家の近くで兄も歯科医をしているのですが、父は、兄が主治医で、母の主治医は主人なのです。
今年72歳の母なのですが,とてもそうは見えません。
本当に元気で、オシャレで、とても可愛い母デス。

その母は、お姑さんとの関係で、40年以上、大変悲しい思いをして生きてきました。
祖母は明治生まれの厳しい人で、長男のお嫁さんである母には、本当に厳しく接してきたのでした。
そのことで、母は、沢山の思いを心に封じ込めて、精一杯良いお嫁さんをして生きてきたのですが、あるとき、祖母が転んで身体の自由を失った事により、40年間溜め込んできた思いが一気に爆発する事になったのです。

私はもうその時は結婚して大阪に来ていましたので、母の様子は分かりませんでした。
母の妹である叔母が心配して電話をしてきてくれた事で知ったのです。
「ねえねえ、お姉ちゃん,変だよ。。おばあちゃんが一番困る事をしてやろう、って一日中考えているって。。ねえ、おかしくない?大丈夫かしら?この前も、テレビのリモコンを投げて壊してやったっていうのよ〜。。。」
背筋がす〜〜と寒くなりました。

とても大変な事になっていると思いました。
そんな時に、私はアロマセラピーに出会ったのです。
ちょうど、お友達のご主人がアトピー性皮膚炎で大変困っている時に、一緒に行ったペンションで、ホリスティックアロマセラピーの存在を知ったのでした。
母がアロマセラピーを習ったらいいのに。。と切に思いました。
精油の良さはそれまでにも沢山実感していました。
でも、知識ばかりが先走り、自分の感覚で使いこなすことがなかなかできなかったのですが、JHASのガイダンスを受けて、これまでの知識を全て捨てて、1からここで勉強し直したい、そして、精油を使いこなしていきたい、と思ったのです。
そんないきさつがありましたので、母にもJHASにてホリスティックアロマセラピーを勉強したら?精油の香りは本当にいいよ〜気持ちが楽になるよ〜〜と勧めたのでした。

いろいろな偶然が重なり、母はトントン拍子でガイダンスを受けて、一回でアロマを気に入り、レッスンを始める事になりました。

レッスンでは、毎回毎回、祖母との確執、家庭への不満を先生に聞いていただいていたようです。
それは時に1時間にも1時間半にも渡る時間だったことでしょう。。。
精油のお話はほんのちょっとで、母の愚痴とそれに対しての先生のコメントでほとんどの時間が過ぎる事もあった事だと思います。。
クラスメイトさんには、本当にご迷惑をおかけした事もあったことでしょう。。
それでも、聞いてくださった先生とクラスメイトさんがいて、今の母がいてくれる事を思うと、
本当に感謝の想いでいっぱいになります。
母がレッスンを受けてくれて、本当に本当によかったと思います。

40年間溜め込んだ感情を開放するということは、簡単な事ではありません。
私にも,何度も何度も同じ恨み言を話す母に,正直言って、本当につきあいきれないと思った事があり、母と接するのがうっとうしく思ってしまった事もありました。
それでも、アロマの先生は母の話しを一生懸命聞いてくれたのでした。。。

母の闇は,一体この闇がつきる事があるのだろうか。。と思うほどに深く、どこまで行っても癒されることはないのではないだろうか?と思うほどでした。
一番苦しかったのはやはり母だと思います。
苦しいからこそ、楽になりたいと願うものです。
そして、母は精油を本当にたくさん使いました。
時に強く怒りが出てしまうときはジャスミンを部屋中に炊き込め、
ローズのお風呂に入り、ラベンダー、フランキンセンス、ネロリ、レモン、マジョラム。。
あげればきりがないのですが、ありとあらゆる方法で精油を使っていました。
「いい香りの中にいると本当にしあわせね〜.アロマを習ってよかったわ〜」というのが母の口癖でした。

もちろん、私とも大げんかもしました。
いつまでも同じ事を言っていて変化のない母に腹もたちました。

でも、冷静になって、母の過ごしてきた40年の月日と思うと、どのような思いで母が過ごしてきたのだろう。。と思うと。。
どれほど辛かった事だろう。。と思いました。
そして、一生懸命生きてきた母、生きようとしている母は本当に素晴らしいと思うのです。
愚痴も、嫌なことも、怒る事もあるのが生きているということ。。。
その思いのままに生きている母は、だから可愛く、だからいつまでも若く。。

精油を使う癒しは、じわじわ〜〜としみ入っていくものだ。。。
それが私の実感しているところです。
使い続けるうちに、いつのまにか、じわじわ〜〜としみ入ってくるのです。
気がつくと、あんなに嫌いだった人が大好きになり
あんなに辛かった出来事が、キラキラ輝く思い出に変わり。。
毎日の心の動きや、毎日の自分自身の感情が。。必要で大切なものだと、抱きしめたい思いに変わっていくのでした。。。

じわじわと。。
でも確実に。。
アロマセラピーは私にしみ入ってきてくれました。
そして、いろいろな効能をもたらしてくれましたが、一番は、「見る目を変える」という事だったように思います。

今日も思います。
どんな事も一呼吸置いて、精油を嗅いで、それから、答えを出そう。。。と。。
なぜ、そういう風に感じるのか、精油を嗅いでから、心を落ち着けて、自分自身を理解していってあげようと。。

精油の心に対する効能は素晴らしいものがあります。
それは、様々な香りの分子が、鼻腔から入り込み、嗅覚を司る神経組織に刺激を与え、電気信号となって、脳の大切な部分に伝わることにより
心に対して良い刺激を与えるホルモンが出てくれるのだと言われています。

それでも、そのように素晴らしい効能を持っている精油を使ったとしても、
心は、変わろう、変わりたい、と思わなければ、その効能は一時的なもので終わってしまうのだということを、私はこの7年間。。経験してきました。
だからこそ、精油の効能は、じわじわ〜〜としみ入ってくる。。。ものだと思うのです。
心は、じわじわ〜〜と時間をかけて、自らで癒していくのだと思うのです。。

なぜなのだろう?
なぜ精油はこのような変化を人にもたらすのだろう??
本当に不思議に思います。
そしてそれは、精油ももちろん素晴らしいけれど、扱い手があるからこそ。。。なのだと、ひとつの答えが見えてきた所に、今,私がいます。

アロマセラピストとして、大切な事。。。
素晴らしい精油の心に対する作用が、目の前の精油を求めている人に
じわじわ〜〜としみ込むのを見守り続けること。。
それが本当に大切なことだと思うのでした。
扱い手によって変わるのが精油。。。
扱い手が本当に大切だと、思うのでした。。。
by aroma_ange | 2007-07-14 09:34 | アロマセラピー

アロマセラピー&クリスタルヒーリングのサロンです。日々の事を綴ります。


by aroma_ange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31