人気ブログランキング |

がんばるということ

今日、お風呂からあがり、洗濯物を干していると、
夫がのんびりとテレビを見ている姿が目に入ってきた
3歳の息子はまだ起きている..もう11:00だ
食卓の上は、夕食の後のまま..

今日はとても忙しかった...というかここの所本当に忙しかった
娘、息子が立て続けに熱をだしていた
これはメッセージだな...と思いながら
なんなのかよくわからなかった
昨夜くらいからなんとなく
『夫婦の不調和』だと分かってきた

最近の私はどうだったか振り返ってみた
子供の看病や、習い事の送り迎え
3歳の息子はまだまだ怪獣のあかちゃんのようなので
なだめたり、すかしたり....その合間に家事をする
レッスンや、家事やわんちゃんのお散歩や...自治会のお仕事、PTAのお仕事...
本当にいそがしくて、でも、ずっとこう思っていた
『だんなさんがいくら手伝ってくれなくても、私だって仕事しているのに..と、それだけは言ってはいけない。まだまだだ、もっともっと要領よくできるはず..
もっと一生懸命やらなくては...」
そして、朝起きれなかったり、家事の要領が悪い自分を
とってもとっても責めていた..
だから苦しくなっていた。
その矛先を夫にむけたのだった。

お風呂からあがって、山積みの洗い物、洗濯物をみて
プロレスを能天気にみている夫が腹立たしくて仕方がなかった
そして、語気がどんどん強くなっていった。
そして素直に『家事を手伝って』と言えずに
どれだけ、私が頑張っているか
手伝ってもらわなくてもいいけれども、ちょっと疲れた...
できれば、自主的に家事を手伝ってほしい
@@さんのご主人も、**さんのご主人も、みんなとても家事に協力的だと
まくしたててしまった。
とても後味が悪かった

お布団に入って、深呼吸をした
精油入りクリームでセルフマッサージをして
クリスタルを抱きしめ気持ちが落ち着くと
プライドだと思った
プライドが邪魔をして「手伝ってほしい」ということが言えない...
一人でがんばらなくちゃ!と
自分の状態を振り返ることなく突っ走る...
そのうち、イライラ...もやもやがつのり、
みんなももっとがんばりなさ〜〜い!と
夫や子供や周りに対してとげとげ☆になっていた
『夫もお仕事で疲れているのだから..」なんて上辺だけの思いで
そう思わなくてはいけない..と本当は思っていたのだった
本当は「私疲れているの..たまにはゆっくりと休みたいの..」と言いたかったのだ
でもそれを許さなかったのは
他の誰でもない...私自身だった...

ああ、ごめんね....わ・た・し
私はわたしにやさしくなかったね....
私にやさしくできなかったから
大切な夫に、子供たちにやさしくできなかったね..
本当にごめんなさい

すぐにベッドから出た
ごめんね...あきちゃん、やつあたりして...と思った
ずっと、ずっと、『家事を手伝ってくれたらもっと楽なのに』と思っていたこと
本当にごめんね...だから子供たちが熱をだして教えてくれたんだね..
階下をみると、夫はストーブの火の世話をしていた
となりに滑り込み
下をむいて「ごめんね..」といった
素直じゃなくてごめんなさい...と言って、腕に抱きついた。
夫は『僕のほうこそ、家事を手伝わなくてごめんね、まりちゃんは本当にがんばったね.がんばった、がんばった』と
私の頭を『いい子。いい子』と優しくなでてくれた。

頑張りすぎてはいけないな
心のレベルでがんばりすぎなくても
どんなときでも、精一杯
私たちは、本当に精一杯頑張っていることを忘れてはいけない
それは結果や結末ではなく
どれだけ働いたか、仕事量をこなしたかではなく

たとえ、洗濯物がやまのようにたまっていても
整理されていない古新聞が山のように積まれていても
一日中ごろごろしていても
いいのだ
生きているだけで私たちの魂は毎日本当にけなげに頑張っている
その頑張っている自分への感謝を
ここの所忘れていた
私でした...。
ほんとうにごめんなさい

by aroma_ange | 2006-01-28 23:59

アロマセラピー&クリスタルヒーリングのサロンです。日々の事を綴ります。


by aroma_ange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31