人気ブログランキング |

がんばり

今日は雨降りですね。毎月第三水曜日は、自治会の古紙回収の日ですが、なぜか、この日は雨がとても多く、いつも古紙を出す時に困ってしまっていました。
今朝も雨。。。明良を幼稚園に送りながら、なんとはなく、それぞれのお家の玄関先に出されている古紙を見ると。。。古新聞は濡れてもいいように、ちゃんとビニール袋に入れられ、上に多少ぬれても大丈夫な段ボールをかぶせて出されている方が多かったです。
私はどうだったかというと。。。恥ずかしながら、そのような思いやりを持って出した事がありませんでした。雨の日は、古紙を表に出した後、大丈夫かな〜〜濡れてトラックに積みにくいのじゃないかな〜〜とずっと気になっていたものです。
今日は、私も、段ボールも、古新聞も、古着もすべて、濡れてもいいようにビニール袋に入れて出させてもらいました。
思いやりの気持ちをもって行動すると、なんだかすがすがしいですね。。
この雨もとても優しい雨に感じてしまった今朝の私でした。

先ほど、過去の傷を癒すセッションを自分で自分にしてあげました。
しっかりと、心と魂に届かせる、そんなセッションです。そうすると、思いだしたことがありました。
精一杯一生懸命していた頃の自分の事でした。。
私は本当にがんばって、がんばって生きてきたのだと思うのですが、それはとても窮屈な頑張りだったと思う事が多々あり、それは身体にも出てきます。
肩こりだったり、背中の重さだったり、胃の当りの不快感が教えてくれていました。

思いだした事。。。
それは、主人のアレルギーと子供のアレルギーをとても心配し、一生懸命、食事についてお勉強してた頃のことでした。マクロビオティックを習ったり、添加物の身体への害を勉強したり。。。アレルギーである主人と子供には、やはり、アレルギーを増長させるようなものは食べさせたくないと思って、精一杯のことをしてた私でした。
でも。。。でも。。。身体に良いものって、おいしくないと感じてしまうものもあります。(青汁じゃないけどね。まず〜い、もういっぱ〜い!。。と言わざるをえない?みたいな感じで、一応は食べるのですけどね)
子供は私のご飯を喜ばない、主人も、顔が曇りがち。。
一生懸命がんばったのですが、私の「アレルギーを増長しないような身体に良いお食事」作戦は、失敗に終わりました。。
それからは、なんだか、おいしければどうでもいいや〜的なお食事が多かったように思います。
そんなことがなぜか思いだされました。。。そして、一生懸命やったのに、おいしくない、と言われて、あまり食べてもらえなくて、私。。どんな風に思ったのだろう?と思いました。
涙がでてきました。とても悲しかったのだから。。。
何時間もかけて、ごぼうのあく抜きを梅酢で、こがさない様に、気をつけてやっても、おいしいと言ってもらえない。。そんなことばかりでした。それは本当に悲しかったのです。
それが思いだされて、涙がぽろぽろ出てきてしまいました。。本当に悲しかった、一生懸命やったのに、認めてもらえなかった。。。
それはとても悲しく思ってしまうことです。認めてもらえない。。こんなに一生懸命やったのに?なぜ?
そして、私は、どうせ、私が下手だったのよ。。お食事だけでは身体の癒しはできないし、好きなものをおいしくいただく事で身体にはいいはずだから、もうどうでもいいや〜おいしいものを食べていれば、どんなに身体に悪いものが入っていたっていい、おいしいと言ってくれれば、どんなものでも食べさせてあげよう。もうどうでもいいや〜認めてもらえないのは、ほんとに辛いもの、がんばってやったって意味がない。。そんな風に、心の声を封じ込め、あきらめたのだと思いました。
一生懸命やったって、どうせ認めてもらえないし。。。そんな気持ちが根強くあったのだと、思いました。毎日の生活の中の私の感情の動きにそれはとてもよく表れていましたので、すぐに、本当にそうだった。と思いました。

認めてもらえなかった悲しみを封じ込めた。。。
その思いは、さらに強く、認めてほしい、という思いに変わっていくものです。今度は他の人に向って。。。。
私は人に褒められたり、認められたりすることに必要以上に敏感でした。競争し、人の上にたちたかったのですが、それは認められたかったからだったのです。
認めてほしい。。。人の上にたちたい、そして認められたい。
そんな思いにがんじがらめになってきた私。
それ故に、競争心を持ち、人を見下し。。。
認めてほしいから、人の言葉に一つ一つひっかかってきました。
思うような言葉が欲しくて、いつも苦しかったのです。

でも、もういいんです。そんな風に自分をがんばらさなくても。。。
今日の癒しのセルフセッションでそう深くから自分の声が聞こえてきました。。

「おいしい?」「たのしい?」「好き?」。。。そんな風に聞いては、認めてほしい思いを言葉で返してもらいたがった私がそこにはいました。
いっぱ〜い抱きしめてあげました。泣きました。そして、ごめんね〜ごめんね〜と言ってあげました。
「おいしい?」の言葉には「おいしいよ」と私が。。
「たのしい?」の言葉には「たのしいよ」と私が。。
「好き?」の言葉には「大好きだよ」と私が答えてあげたいと思いました。

時に、おいしくなかったときも、たのしくなかったときも。。
好き?の質問だけは、いつでも無条件で「大好き」と答えてあげることができれば
「う〜〜ん、おいしくなかったかな〜」と言ったとしても、「あまり楽しくなかったね〜」と言ったとしても、もう私は傷つかないのです。。。

人に求めると、傷つきます。
その傷は、あきらめや、やる気のなさ、時に、怒りになって、その姿を変えて、毒矢のような思いになっていくのだと思いました。
それが刺さると、人は身体も傷つきます。心と身体は確かにつながっているのだから。

だから私はもっともっとそんな傷に、お薬をぬって、絆創膏をはって、優しくして、癒していってあげたい。。。人に癒してもらおうではなく、自分で自分を癒す。。それには、自分で自分の傷を見つけて、やさしくお薬をぬってあげることしかないのです。
人に求めれば求めるほど、そこには念しか残りません。

それが、がんばり。。。自分にやさしい、自分を幸せにしてあげるための、がんばり。。なのです
by aroma_ange | 2007-04-25 10:53

アロマセラピー&クリスタルヒーリングのサロンです。日々の事を綴ります。


by aroma_ange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31