人気ブログランキング |

メールのお返事

ある生徒さんからのメールへのお返事です。
子供さんのアトピーについてご質問がありました。
私も明良くんのアトピー、娘の喘息と、アレルギーとは常に向き合う毎日です。
その中で、一番大切なのは、私が癒されていくことなんだと教えてもらってきました。。
今もその過程です。がんばりま〜す☆

メールありがとうございました(らぶ〜)

あっくんは、お魚もお豆腐も乳製品も卵も食べます。
時にお肉もいただきます。(年に数回ですが...)
親戚のお家で食卓にあがっていたり、また、外食の時にお姉ちゃんが食べていると、3歳すぎたころから欲しがるようになりました。ただ、あっくんはかいかいさんだから、あんまり食べるとかいかいさんがひどくなるよ〜とは私は言います。それでも食べますので、食べさせています。

そして、食べ物によって症状が変わるかどうか、見ているのですが、明良の場合、あまり関係ないようなのです。
私の状態に一番関係しているように思います。
やっぱり夫婦の調和が一番大切だと思います☆☆
私が明良のアトピーの様子ばかり気にして、治したくて仕方がなくて、アレルゲンにこだわってばかりいたときには、ヒーリングもトリートメントも受け付けてくれませんでした。また私もあまり、トリートメントしたい、と思いませんでした。
自分の出した批判のエネルギーでかすかす〜だったのですね。
そしてそれこそがエネルギーギャップ☆
感謝が全くなくて、胃の痛みもひどく、身体が冷え、夜もぐっすり眠れない。。。
自分のことでアップアップでした。
旦那さんに送る事もできず、お仕事で疲れていることを思いやることも当然できず、ただただ『私大変なの〜私を癒して〜私を手伝って〜』という情けない状態でした。
夫婦の調和どころではありませんでした。
旦那さんには本当に申し訳なかったと思います。

明良はある程度の年齢までベジタリアンでしたが、ご存知のようにとっても大きい子です。
でも生まれた時は2500g台のふつうの子でした。
Kくんくらいのときは、ベーガンでしたがどんどん大きくなりました。
だから、成長について心配をしなくてもいいんだな〜と教えてもらっているんだな〜と思います。

またアメリカで知り合った子供さんは生まれてからずっと(其の時小学校6年生くらいでしたベジタリアン(フィッシュも食べません)でしたが、すくすくと成長されて本当に大きい子でした。

私の母も、「お腹にいるときはママがつわりでマンゴーしか食べられなかったのに、生まれてからもベジタリアンなのに、こんなに大きくなるのだから、成長ってお食事だけじゃないのね〜」と明良をみてはいつもそう言います。
先日も美容院で、小学生と間違えられましたよ。

主人の母と兄は小児科医ですので、明良の様子を時々見てもらいます。
お返事は、母は「あら〜〜」兄は「ふ〜ん。ま...アトピーだな」と、ドキドキしている私のほうが拍子抜けするものでした。。。
明良のお肌の様子を近くで見ていながら(アトピーがひどくなっておできのようになった時にもおできの膿を出すという治療のみでした)アトピーの治療をしなさい、とか、薬をぬりなさい、と一言も言いませんので、今は、私はあまり心配していないのです。
ただ、主人の兄は、アトピーは、石鹸でよく洗うのがいい、と言っていた時期がありました(今はわかりません)
その意見を聞いてよく洗ってあげた事もありましたが、冬になりあっくんは、乾燥がひどくなるので、今はやめています。
でも夏になって汗をかくようになると、化膿しやすくなるので、よく洗ってあげようと思っています。そして保湿をいっぱいしてあげるつもりです。

そんな時でも、明良のこの症状は私のために起こってくれているという思いでいつもいっぱいでいられることを一番にしています。感謝からそれないように。。自分を高めることを忘れないように心がけています。
本当にごめんね。。本当にありがとう。。。という思いの中で、ケアーをしてあげるのです。
そうすると明良は「きもちいい〜〜」とうっとり〜してくれます。

アレルゲンのことが気になるようでしたら、ぜひ受診なさって、専門家の意見をお聞きになってみて下さいね☆
そうでないと心配という念から解放されないのではないかしら?
念いっぱいでは良いお食事も作れないことでしょう。良いエネルギーもながせないのですよね☆

お肉のことも、アレルゲンでないのならば、旦那さんの言う事を聞いて食べさせる事も本当に大切ですよ。
Kくんを信頼して、信じて、Kくんに任せてみてはいかがですか?
必要のない子は食べません。必要な子はいただきます。
明良も幼稚園に行くまでは、お皿にお肉が乗っていても決していただきませんでした。
子供は、自分の食べたいものをとってもよく分かっているな〜と思うのです。
その上で、これは...と思うもの(うちの娘はお酒をなめたがるのですが、それはやめさせています)は親が排除していく、というやり方を我が家はしています。
お肉等、無理に食べさせないとしてしまうと、後で反動がきたり、エネルギーが低下してしまったり...
また食が原因で、夫婦の不調和になります。
お肉の波動は、6ヶ月で身体から出て行く..と以前先生が教えてくださってから、私はとても安心できるようになりました。
アトピーでそれを出してくれているのかもしれないな〜とも思います。
お肉をいただきたがる時は、お肉さんにいっぱいエネルギーを送って、感謝をして、食べさせてあげています。
そうすると、お肉の良い所ばかりが子供達の身体に入ってくれると思うのです。

上の娘は、本当に自分の食べたい物を良く分かっていて、お肉が必要な時は要求してきます。
でも肉好き、というわけでもなく、少し食べると満足して、ご機嫌もとてもよくなります。いっぱい私に感謝もしてくれます。
そういうとき、とても私は感謝の思いでいっぱいになります。
昔は、お肉を食べさせることが本当にいやで、子供にも我慢をさせてしまいました。
でも、それは遠回りでした。大反省です。
我慢をさせない、上手にエネルギーの高いお食事を食べてもらえるように工夫する。。。
そういう事をアロマ食の中で学ばせていただきました。そこに感謝は欠かせません。
また、親が、本当においしい〜と思っているものは子供も欲しがります。
たとえ、ジャンクなものでも....です。
私もジャンクフード。、大好きです。子供が欲しがると、だめ〜と思った事もありましたが、今は白旗ふって、『私もこんなにおいし〜と思っているんだから、子供だって好きだよね〜」と食べさせています。(量は加減するように心がけていますが)
身体のためにいいから...等、純粋な気持ち以外でいただいているものは、敏感さゆえに全てばれていて、食べてくれません。

Kくんの食べ物の事,Kくんのお肌の様子を気にするよりも、大切なのは、まずは、自分の心の状態、夫婦の不調和を見つめ直すことから始めることです☆
批判、反発、ありませんか?全ての食材に感謝できていますか?
旦那さんがKくんにお肉を食べさせたがることに、感謝の気持ち、持てていますか?
心を見つめ、どんな事にも感謝ができる。。。(感謝できていなかった自分に気がつくと感謝が沸き上がります)それが一番大切だと、明良くんのアトピーから私も教えていただいています。
明良のアトピーもまだまだです。
夕べもトリートメントとヒーリング、そしてかゆい所をかいてあげました。
途中から主人と一緒にしました。
お風呂からあがって、寝室にきた主人に「一緒にヒーリングしてね♪」とおねだりしました。
終わった後は、主人にも心をこめて「ありがとう〜(らぶ〜)」と言いました。
あなたもご家族で一緒にヒーリングしてあげられるといいですね。

私もあなたと一緒に頑張りますからね〜。

Kくんからの愛...しっかりと受け止めていきましょうね。
私も明良とリリコからの愛をしっかりと受け止めていきます。
これまでの経験の中で、ヒーリングがやっぱり本当に大切だと思っています。
ヒーリングをいっぱいすると、子供が何を訴えてくれているのか、よ〜く分かるのです。。
それを受け止めるだけでいいので、とっても楽です。
頭で考えなくても大丈夫なんです。

一緒に頑張りましょうね〜(らぶ〜)。
子供達の大いなる愛、受け止めていきましょう☆
本当にありがとうございました。
by aroma_ange | 2007-04-11 10:00

アロマセラピー&クリスタルヒーリングのサロンです。日々の事を綴ります。


by aroma_ange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31