人気ブログランキング |

いいふ〜ふの日(いい夫婦の日)

...なのだそうです.今日11月22日は...
いい夫婦の日...
イイフ〜フノヒ...
いいふうふのひ...
漢字で書いてもカタカナで書いても、ひらがなでかいても、なんだかいい感じですね。

いい夫婦ってどんな夫婦だろうな〜〜と考えてみました。
いい夫婦ってお互いがしっかりと顔を見て話せる夫婦かな?とか
お互いの好きな物をしっかりと言えて、それがビンゴ!な夫婦?とか
いろいろと思ってみたりしたのですが、一番は、「やっぱりこの人でなくてはダメ」という感覚があることはほんとうに大切ないい夫婦の条件なのではないかな?と思いました。

わたしは、若かりし頃....ん10年ほど前でございますが、かなりの面食いちゃんでした。
思い出すと笑ってしまうのですが、それがどの程度の面食いなのかと言われると、それぞれに基準がありますのでね、実際面食いなのかどうかは分からないかもしれませんが....
でも、『この人かっこいい〜〜☆」と思った方には、決して自分からアプローチをしないタイプでもありました。
そして、いつも『二番手』の『安全パイ』と思える人とおつきあいする事が安心でしたし、気持ちが楽だと思っていましたから、外見的に惹かれた人には、おつきあいする事などなかったのでした...。

二番手が安心、だと思っていた...と私自身も、私の事をそう思っていたのですが、でもそれは違ったのかもしれない...と今思います。
私は、たった一人の人を探していたのだな....と思うからです。

主人にはじめてであった時、主人はほんとうにあか抜けない(ごめんよ〜〜旦那様のお友達の『おだやか日記』ファンのあなたとあなたとあなたとあなた...内緒よ〜〜ん☆)常に、お酒の飲み過ぎで顔は真っ赤っか、落とし物のお洋服でも,人からお下がりでいただいたものでもかまわずに着てしまう.....「サッカー」と「お酒」一筋の人でした。
両親からの大切な仕送りは、たったの1週間で飲み代に変わってしまうような人でした。

でも、はじめてであった瞬間にひかれるものがあったのですね。
この人だって.....。
全然好みじゃないし、噂では、何よりもわたしの毛嫌いしていた『大酒飲み』で、酒屋さんの息子さんだと言う事でしたから、条件的には私の範疇ではなかったはずなのです。
また、知れば知るほど、どれほどお酒が好きなのか、という事が分かりましたので、自分的には、どんどん引いてくはずだったのです。

主人の通っていた大学には、外見的に素敵な人はたくさんいました。あか抜けて、遊び上手でお金も持っている人がたくさんいました。
でも、この人が好きだと思ってしまったのでした。
彼がどんな人か、彼の中身も知る前のことです。
..この感覚....
どんな人なのかも分からない、でも、この人だ......というこの感覚が、私は今でもずっと忘れられません。
外見的にも内面的にも、素敵で、ああこの人いい人〜好きかも〜、と思った人もいました。
でも、すぐに私なんか.だめだわ...と思ったものでした。
自分に自信がなかったから、あきらめようという想いが働いたのかな?
それもそうなのかもしれません。
でも、それだけではなかったのだとも思います。
ほんとうに好きならば、想いを伝えなければ、必ず後悔したはず...でも、全く後悔がなく、そういった気持ちは、す〜〜と跡形もなく、不思議としこりも残さずに消えていったからです。

今でも鮮明に憶えている場面が2つあります。
新潟で行われたサッカーの試合の時に、味方のゴールから、相手方のゴールまで一直線にボールを蹴りながら走る姿...
大学の裏口の小高い丘から、サッカーグラウンドを眺める後ろ姿...
その場面の主人公は、もちろん、主人です。
この二つの場面は、まるで昨日見た映画のように、私の中に鮮明に残っています。

想像してみるのです。
他の方と夫婦であったのなら?と...
どうだろう?と....

彼でなくては私は夫婦にはなれない、彼とでなくては一緒に食事ができない、一緒に眠れない,一緒に暮らせない....
毎日の生活の中で、そう思わない日はありません。

主人曰く、私は、夜眠っているとき、ほんとうに無防備なのだそうです。
自分でもちょっと自慢したいくらい、どんなに物音がしても、今の私は起きない...ですね。
泥棒が入ってもまりちゃんは目覚めないだろう、といつも言われております。
でも、昔からそうだった訳ではないのです。
その昔は、旅行先で主人のいびきが気になって眠れなくて、押し入れの中に布団を持ち込んで、朝までまんじりともせず..というエピソードもあるほど、布団の衣擦れの音や、枕の音、エアコンや時計の音ですら深く眠ることができない時が多々ありました。
でも、今は、ほんとうに安心して眠れるようになりました。

もうすぐ主人がお仕事から帰ってきます。
今夜も、深く、快適な睡眠を取らせていただける事でしょう。
眠っている時の私は、まるで『抜け殻」だな、と思うほどの深い眠りを取る事ができるようになったのは主人のおかげです。
by aroma_ange | 2006-11-22 20:09

アロマセラピー&クリスタルヒーリングのサロンです。日々の事を綴ります。


by aroma_ange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31