人気ブログランキング |

全ては自分から...

今日、娘が臨海学校でつかう大きなバックを買いに行った。
子供たちの懇談会が立て続けに入っていたので、3:30過ぎから出かけて行った。

親ばかぶりを書かせていただくと
懇談会では相変わらず、先生方に二人ともとても褒めていただき、
本当にかわいい子です〜と先生は目を細めてくださった。
私も本当にそう思うのだが
なんだか、未熟な親は背中が丸くなり、目があわせられなくなっていった。
でも、ふと思った。
この子たちは私を助けるために生まれて来てくれたんだな〜〜ッて。
私のために、私を助けてくれるために生まれて来たと思ったら
褒めていただけたこと、素直に受け止められた。
こんなに褒めてもらえる子供に恵まれたこと、本当にうれしくなった。

そして、息子の先生にも、娘の先生にも
「本当にいつもとってもがんばっているのだから、いっぱい褒めてあげてくださいね〜〜」と言っていただいた。
本当にそう思う。
子供たちは本当に毎日毎日、とてもとても頑張っている。。。
今日はいっぱい褒めてあげよう。明日もあさっても、いっぱい褒めてあげようと
心に誓った母であった。

少し話がそれたが、バックを買いに行ったのに、
自分のサンダルやスカートにも目がいって、
気がつけば4:30..
あわててバックを購入したらとても喉が渇いたのでコーヒーを飲んだ。
そして5:15となったので
あわてて明良のお迎えに行った。

明良くんは最近お迎えに行くとよい顔をしない。
まだ遊んでいたいのだ。
それほどなじんでくれた事は本当にうれしいのだけれど
おねえちゃんが5:30に友達の家から戻ってくる。と思うと
腕時計とにらめっこしそうになった。

でも、でも、今日の私は違うのだ。
焦らなかった...時間も気にならなかった。
そして、遊びたいおもちゃで遊んでいいよ〜と言って、少し一緒に遊んだ。
5分ほどたった頃だろうか...
あっくん、これ先生にこのままなおしてもらって、明日また遊ぼうか〜というと
口では「いや」と言いながら、先生の所にそのおもちゃを持っていった

でも、もう5:30を5分ほどすぎている。
ああ、おねえちゃん帰ってきてるかな〜
怒ってるかな〜〜と少し不安になった
でも、こう思った。
あのとき、サンダルを見なければ、スカートをみなければ
コーヒーを飲まなければもっと早く帰ってくる事ができた
見ない事も、飲まない事も選択できたはずなのに
あえて、それを選んだのは私だったな〜〜〜と...

そうか〜やっぱり私だったんだ。
急いで帰って来たのに怒らなくてもいいでしょう?と
先週の私はそう思い、娘にその思いをぶつけてしまった。

でも考え方が少し変わるだけで
本当に穏やかに
りり...ごめんね...と思うことができる...

全ては自分から
私たちはいつも、何をするか、どう行動するのか、選択をできる立場にいる
それは本当に自由に好きな事を選ぶ事ができるのだ
自分自身が沢山の選択肢の中から選んで行動しているのだ。

そのことを忘れなければ
謙虚になることができるんだな〜〜と思った一日だった。
by aroma_ange | 2006-07-12 18:35

アロマセラピー&クリスタルヒーリングのサロンです。日々の事を綴ります。


by aroma_ange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31