人気ブログランキング |

子育てとお仕事

どんなお仕事でもそうだけれども、子供を持ちながら仕事をするということはなかなか大変なことだ。
私は3歳と10歳の子供を持ちながら、年に何回も泊まりがけで研修に行かせていただいている。
主人と子供、そして両親やご近所の方の協力なしにはとうていできないことで
いつも本当に感謝をさせていただいている。

主人の母は小児科医をしている。
以前は病院勤務だったので、夜中でも患者さんの様態によって、呼び出されることもあったようで
よく夜中にお隣の家に預かってもらったわ〜〜と
話してくれた。
「だから、あなた方も、一人で頑張らないで助けてもらいなさい」と
働く主婦の大先輩の母はいつもそのように私にアドバイスをしてくれていた。。。

『仕事だから仕方ないでしょう』という開き直りでもなく
『子供がいるから、無理だわ..』というあきらめでもなく
預かっていただいて出かけるということへ感謝をする、ということを、このお仕事をする上で教えていただいた。
子供がいなかったらどうだろうか...
子供がいるからこそ、お仕事をさせていただけることへの感謝と家族への感謝を、今のように持たせていただくことができたのだと思っている。

今までは実家の両親に子供を見ていただくことが多かった。
けれども、実家の母がやはり同じお仕事で認定校として出発させていただくことになった。
そのため、これまでのように実家の両親に頼む事ができない状況となった。
同じ研修に母も参加するからだ。

正直言って最初は戸惑ってしまった。。。
このお仕事を、戦中戦後に苦労して来た、また、祖母との確執を乗り越えて来た母のような人がすることが、どれだけ素晴らしいことなのか....同じ経験をされてきたたくさんの方の癒しに繋がっていく喜びはとてもとても大きかったのだが、ふと、そうしたら子供を誰にみてもらったらいいのだろう?どうしよう...泊まりで行く事が難しくなるのではないだろうか..という不安が私の中に目覚めた...

身体がとても重たくなり、胃の調子が悪くなり、気持ちの浮き沈みがはじまった。

でも、こう思った。
私は言い訳をして逃げているだけだと....
本当に行きたいのならば、精一杯の努力をするはず...
私はそんな風に頑張って来た自分を知っているからこそ、今の自分の状況がただ逃げているだけだととてもよく分かった。

研修に行きたいのか、行きたくないのか、答えは二つに一つなのだ。
答えは明確だった....行かせていただきたい。
それならば、子供の預かり先を探そう....変なプライドや、必要のない心配でいっぱいいっぱいにならず、どなたかにお願いしてみよう
そう決めると、気持ちがどんどん前向きになっていった。

今日、幼稚園の帰りに、車をUターンさせようと入った路地で
娘の保育園時代の担任の先生に偶然お会いした。
その先生が7月の研修の時に、私と主人が戻る夜まで子供たちを預かってくださることになった。
遅くなるので、家族以外の方にお願いするには、夕ご飯の事など、たくさんのお気遣いをいただくこととなるために、お願いすることを躊躇していたのだ。
でも、その方は、ニコニコ笑顔で『晩ご飯なんか家で食べさせてあげるわよ」と
その時同乗していた息子と、メニューまで決めてくださった。
本当にありがたいと思った。

子供を持ちながらお仕事をすることで
沢山の方の愛にふれ
沢山の方に助けられて生きているのだと心から実感する...
一人で頑張ろうとすると、どんどん顔が恐くなり、エネルギーがぎすぎすし
またそういう人は周りのエネルギーを奪っていくのだ...

助けていただくことにより
沢山の愛に包まれて生きていることを実感できる。。。
感謝を知らなかった私に、感謝をする機会を沢山与えてくれる子供たち...
今週末も主人の実家の両親に預かっていただいて、定例会に参加させてもらう。

助けてもらう生き方
甘えさせていただける生き方...
それは感謝につながる生き方であり、幸せに繋がる生き方なのだと思う。
by aroma_ange | 2006-06-01 00:03

アロマセラピー&クリスタルヒーリングのサロンです。日々の事を綴ります。


by aroma_ange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31