人気ブログランキング |

大事なことを教えてくれました

f0017897_10595467.jpg去年、このバラがどうしてどうしても欲しくて買いました。
どこへ行ってもこの苗がなくて、蓼科で1つようやく見つけて、でも、あまり大きくなくて元気もなくて・「これでもよければ・・」とお店の方に言われたのですが、やっぱりすごく探していたので家につれて帰りました。

去年は花が咲きませんでした。
茎も伸びず、とにかく、買った時のままでこの1年、このままのバラでした。

今年・・やっぱり大きさは変わらないのですが、かわいいつぼみをつけているのを見た時は、すごく嬉しかったです。

去年1年眠り続けてきた眠り姫・・・我が家のポーズズヒマラヤンムスク。
ずっと眠り続けていたのには理由があったのだと思いました。

こんなに小さいのに、たった1つ咲いただけなのにすごく香りがいいんです。

この子を見ていると、うごかず、大きくもならず、そのままでいる時期もすごく大事なんだな〜と教えてくれているような気がします。

バラは、(私はそんなに詳しくないのですが、本からの受け売りで・・)、病気になったりしてあまりにも大変になると、葉っぱと茎をきりつめて、そっと養生させるそうです(とある本によりますと・・)

そういう時期もすごく大事だとこのバラに教えてもらった気がして
今朝はなんだか感動しています。

小学生の頃読んだ落合恵子さんの小説で、とても印象に残った言葉がありました。
「人は欲しいものが手に入らない時よりも
欲しかったものがいらなくなったときのほうが悲しいのです」
前も書いたかもしれません。すごく好きな・・というか、大事にしている、忘れてはいけないなあ、と自分に言い聞かせている言葉です。
たとえば、このバラのように・・咲かなかったり,成長してくれなかったり・・
思うようにいかないとき、一生懸命手をかけ、お世話をしていく毎日があって
そんな風に思いをかけたものがいらなくなる、ということは、もしかしたらあり得ないもかもしれないなあ・・・と思いました。
たとえ咲かなくても・・

いえ、咲かないのには必ず理由があるのでしょうね〜。
by aroma_ange | 2010-05-18 11:08 | HOME

アロマセラピー&クリスタルヒーリングのサロンです。日々の事を綴ります。


by aroma_ange
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31